青汁の栄養素

原料に使われている野菜に応じて摂取できる栄養素は変わってきますが、

青汁一杯で様々な栄養素が摂取できて、同時に食物繊維も取れるので体調不良や便秘にも効果が期待できます。

代表的な栄養素を挙げてみるとビタミンA・C、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、葉緑素が含まれています。

ビタミンAは疲れ目や視力低下を防ぎ、また肌荒れも防いでくれます。

その他にも風邪の予防やがんの予防にも効くと言われています。

ビタミンCは免疫力を高めて風邪予防、コラーゲンの生成を助けます。

その他にはコレステロールを下げたり、ストレスを緩和する作用があると言われています。

カリウムは高血圧の抑制や夏バテの解消・予防、利尿作用などの効果があります。

カルシウムは骨粗しょう症の予防、高血圧の予防、イライラなどを防ぐ精神を安定させる作用があります。

また妊婦の方は赤ちゃんの骨や歯の成長のためにも摂取した方がいいと言われています。

マグネシウムは生活習慣病の予防や精神の安定に効果があると言われ、疲労回復やダイエットにも効果があります。

鉄分は息切れやめまい、貧血や冷え性の改善に効果があります。

葉緑素はコレステロールを減少させ血液をサラサラにしたり、がんの予防や解毒作用などが効果が期待できます。

これらの栄養素が一度に摂取できる青汁ってすごいと思いませんか?

あの有名な「まずい、もう一杯!」のキューサイ青汁!!