食物繊維の話。

日本人の腸は穀物や野菜を中心とした食生活に対応して欧米人の腸より永くできています。

日本人の小腸の長さは6~7メートル、大腸の長さは1.5~2メートルで両方を合わせると欧米人の腸よりも2~3メートル長いそうです。

この腸の長さは穀類や野菜の繊維質から栄養素を吸収するためです。
食物繊維は短時間では消化されにくいので時間をかけてる必要があります。

このため日本人の腸は長くなっていると考えられます。

しかし日本人の食生活の欧米化が進み、日本人の野菜の摂取量は欧米人よりも下回ってしまったという調査結果もあります。

食生活の欧米化が進み、腸内バランスを崩している人が非常に多くなっています。

腸内環境が悪くなると悪玉菌や腐敗菌が増加し、便秘や下痢・感染性腸炎を引き起こします。

さらに生活習慣病や大腸がんなどの病気を引き起こし易くなります。

腸内環境を良好に保つためには食物繊維が重要な働きをします。

食物繊維とは人の消化酵素で消化されない成分です。

食物繊維はかつて不要なものだと考えられていたので栄養効果は認められていませんでした。

しかし食物繊維の摂取量の少ない地域では大腸ガンなどの腸の疾患が多いことから食物繊維の有効性が見直しされるようになったのです。

野菜不足の解消に!!女性が注目するうわさの青汁! ふるさと青汁!

食物繊維摂取の補助や生活習慣の気になる方に!!→ 菊芋王! クチコミで売れてます!50,000本突破!