思ったより飲みやすい青汁

先日、スーパーへ買い物へ行ったときのこと。
無農薬野菜のコーナーに青汁の箱が置いてありました。
中身は粉末スティックタイプ。30本入り798円。
そんなに安くはないけれど、やっぱりスーパーだから仕方がないのかな、なんて思いながらスルーしようとしたんだけど、「大分県産大麦若葉使用」と書かれてあって、大分を愛する大分生まれの人間として、ついつい買ってしまいましたよ(^^ゞ
青汁を選ぶとき、まずは値段が気になってしまうわたしです。
その次が「無農薬」。実際に、最近はこのような商品に使われる原料の野菜は全部と言ってもいいほどに「無農薬」と書いています。本当かどうかはまああまり気にしないことにして、その次が原材料。
大麦若葉やケールが主流だけれど、最近「あしたば」という野菜が原料になっているものを良く見かけます。
「しあわせ青汁」。
あしたばって結構香りも強いし、苦味もあるし、青汁になったらどんな感じなのだろうかと思っていましたが、飲んでみたら結構飲みやすかったので驚いちゃいました。
今回は大麦若葉だったので飲みやすい部類だったと思うのですが、抹茶のような味がして、牛乳に入れてもおいしく飲めました。
普段、私はあまり牛乳に何か混ぜるのは好きじゃないんですけどね。
市販の栄養ドリンクには糖分が多く含まれているから、それに比べるといい栄養ドリンクといえるんじゃないかと思いますよ。
抹茶ミルクのような「青汁ミルク」文字にするとあまり飲みたくなくなるけど・・・

コメント

コメントを受け付けておりません。